【私のNAIROBI CITYストーリー】理想と現実の間で、もがいて、悩んで、そして光を見つけた場所

【私のNAIROBI CITYストーリー】理想と現実の間で、もがいて、悩んで、そして光を見つけた場所

こんにちは。

RAHA KENYAスタッフ・佐藤なみほです。

NAIROBI CITY トレーナー製作記念・ブログリレーということで、とても小っ恥ずかしいのですが、私にとって、特別な場所であるナイロビへの想いをお話できればと思います。

いきなりなのですが。

私にとってナイロビとは、

『理想と現実の間で、もがいて、悩んで、そして光を見つけた場所』

なのです。←本当にいきなりだなっ

え、どうゆうこと?って少しでも興味を持ってくださった方、ぜひ最後まで読んでいただけたら嬉しいです。

やっぱり、想いを伝えるのは、すごく恥ずかしいし、こいつ誰やねんって感じる方は多いと思うのですが、自分の言葉で伝えられるように頑張ります。

そんな一言で人生がこんなにも変わるとは思っていなかったです。

2019年、人生三度目のケニア・ナイロビ。

「ストリートチルドレンの自立支援に関わりたい」

そんな夢に期待を膨らませ、看護師という仕事を退職しました。

そして、長期滞在する気満々でケニアへ渡航。

念願だった、ストリートチルドレンを支援するNGOで活動しました。

・実際に活動する中で、現地で味わった無力感。

・自分にはできないと感じてしまった挫折。

・それでも、何かしたいと思うかすかな希望。

理想と現実の間で、もがいて、悩んで、進みたい道がわからなくなっていました。

そして、中途半端な自分に嫌気がさしました。

そんな風に悩んでいる時、RAHA KENYA代表のリエさんと出会いました。

「うちでインターンしてみる?」

私の人生を180度変えるほどの威力があるパワーワードが発せられます。

そんなこんなで。

✔︎自分のファッションにこだわりなし

✔︎アパレル経験なんてあるわけない

✔︎ビジネスってなに?

✔︎スプレッドシートてなに?

そんな、無知すぎる私が、アフリカ布アパレルブランドで、インターンをすることになりました。

人生四度目のナイロビ渡航は、まさかまさか、アパレルブランドのインターンを目的とした渡航になったのです。

こんなことになるなんて、全然予想していなかったです。

ぶっ壊れたアフリカのイメージ

インターン初日。

はじめて行ったのは、サイザルバッグの工場。

次の日は、テイラーさんが大勢集まるビルへ。

そして、次の日には、アフリカ布市場へ。

人生四度目のナイロビにして、今まで行った事もなかった場所にゴリゴリと入っていって。

今まで見えなかった現地の人たちの生活が見えました。

・サイザルバッグを作る職人さんたち同士の楽しそうな無駄話。

・テイラーさんたちがアフリカンミュージックに揺れながら、ミシンを動かす音。

・アフリカ布市場で、鮮やかな色の布が並ぶ圧巻な光景。

現地の方々はイキイキと暮らしていて。

アフリカ=貧困=かわいそう→助けたい

そんな考え方が、どれだけ傲慢で、どれだけ上から目線だったことなのか気づかされました。

現地の方々には、そこに生活があって、目の前にある大切なものを大切にして、毎日賢明に、そして楽しそうに生きていて。

すごく誇り高い人たちでした。

アフリカの人たちに何かしたい。

ではなく、

みんなで一緒に、同じ目線で、関わりたい。

そんな考えになりました。

「アフリカの人」というくくりで、人をみるのではなく、一人一人の人として真正面から関わりたいと思いました。

ナッツが教えてくれたこと

インターンでは、毎日のようにテイラーさんの工房まで通って通って通って、物づくりをガシガシと進めていました。

物作りの ”も” の字も知らない私。

そんな私にテイラーさんたちが、ゼロから手取り足取りたくさんのことを教えてくれました。

・ここはこの縫い方の方がいいよ

・この商品に使う素材はこのほうがいいよ

・この型紙はこうやって使うんだよ

どれも初めてなことばかりだけど。

テイラーさんの二人三脚で、作りたい商品がカタチになっていく面白さを感じました。

と同時に、作りたいと思っているものが、なかなかうまくできなかったり、失敗を繰り返してしまったり、落ち込むこともありました。

そんなときにも、ケニアのテイラーさんたちの「なんとかなるよ!」という寛大さに、とっても心が救われていました。

ある日、テイラーさんに会いに、工房へ。

商品をたくさん作りたいからいっぱい注文させて欲しい。

とテイラーさんに伝えると。

私の目をまっすぐみて、じーんとした表情で、

「いつも注文ありがとう」と声を絞り出してくれて。

「こんなものしかあげられないけど、食べて。」

と、紙に包まれたピーナッツを私に差し出してきた。

後から聞くと、そのテイラーさんは子どもが7人いるのにもかかわらず、工房の家賃が払えず、工房を強制的に閉められそうになっていたとのこと。

私は、そのテイラーさんを助けたいと思って注文したわけじゃなくて、

彼の技術が素晴らしいと思ったから、注文した。

そして、彼は私が継続的に注文することで、安定した生活を送ることができる。

これぞ、お互いにとってプラスで対等な関係での関わりなんだ。

とハッとしました。

『支援する・される』の関係ではなく、お互いに助け合う、そして、お互いにいい影響を生み出す。

そんな対等な関係作りをしたい。と思うようになりました。

「ストリートチルドレンの自立を支援したい。でもどうしていいかわからない。」

そんなモヤモヤしていた私。

テイラーさんとの関わりを通じて、わたしにとっての、関わり方の ”答え” を見つけ出せそうな気がしています。

少しでも前に。

ナイロビで、人生が180度、変化しました。

・NGOでの活動で味わった挫折。

・RAHA KENYAのインターンでの奮闘。

・現地の方々からもらったパワーや気づき。

わたしにとって、ナイロビはやっぱり、光を見つけた場所なんです。

いつからこんなにも特別になった場所なんだ?と自分でも疑問に思っちゃうほど、ナイロビは私にとって大切な場所です。

戻りたくても、戻れない、今。

いつかナイロビに戻れたときには、前よりも少しだけ大きな人になれるように。

そんな気合いも込めて、今日もNairobi トレーナーをきて、前に進んでいこうと思います。