日本人にとって習得しやすい言語!?スワヒリ語を学ぼう♪

日本人にとって習得しやすい言語!?スワヒリ語を学ぼう♪

今回は、《スワヒリ語》入門編

スワヒリ語って、日本で生活しているとあまり馴染みのない言語ですよね。

でもRAHA KENYAを通じてケニアの魅力に気づいてしまった、そこのあなた!

スワヒリ語の挨拶など、わかりやす〜くご紹介します♪

スワヒリ語ってなに?

スワヒリ語は、ケニアやタンザニアなど東アフリカの国々で使用されている言語です。

スワヒリ語って名前からして難しそうだなぁ…と思ってしまいそうですが、

実はそんなことないんです!!むしろ日本人にとって、習得しやすい言語と言われています。

習得しやすい理由 ①

実は、わたし達は知らない間にスワヒリ語に触れているんです!

バランスゲームの《ジェンガ》サファリパークの《サファリ》もスワヒリ語が発祥!

ジェンガは、スワヒリ語で「建てる、建設する」

サファリは、「旅行」という意味なんです。

習得しやすい理由 ②

スワヒリ語は、発音がローマ字読みなんです!

Jenga(ジェンガ)・Safari(サファリ)

そのままローマ字読みをすれば、誰でも簡単に発音できます。

英語のように、発音で苦戦することがほぼないので、スワヒリ語は馴染みやすいんです!

ケニアの母国語【スワヒリ語】の驚くべき事実!

実際ケニアに行ってみると、

「あれれ?スワヒリ語より英語ばっかり聞こえてくるなあ。」と疑問に思う方も少なくないはず。

実は、ケニアの公用語は英語とスワヒリ語なのです。

そして過去にタンザニア政府が【スワヒリ語重視政策】を行ったことも影響していると言われています。

その政策によって、タンザニアのスワヒリ語が、本物の《スワヒリ語》という印象が東アフリカの人々に根付いてしまったのです。

そのため、ケニア人の話すスワヒリ語は方言と捉えられてしまっています。

スワヒリ語を学ぼう!

お待たせしました!スワヒリ語の概要を学んだところで、

ここからは、現地でよく使われるスワヒリ語を紹介します♪

東アフリカ旅行に行くとき、きっと役に立つはず!

現地の人と現地の言語でコミュニケーションを取るのも旅行の醍醐味ですよね!

旅行で活用できるスワヒリ語を厳選しました!

Asante / ありがとう

スワヒリ語で「ありがとう」は、Asante(アサンテ)と言います。

もっと深く丁寧に感謝を伝えたいときは、Asante Sana(アサンテサーナ)

Sanaは「とても」と言う意味です。

Karibu / どういたしまして

Asanteと言われたとき、Karibu(カリブ)と返答すれば、「どういたしまして」の意味になります。

また、誰かを歓迎する際にKaribuと言えば、「ようこそ」の意味に捉えられます。

この場合は「歓迎ありがとう」の意を込めて、Asanteと返します。

Habari / 挨拶

Habari(ハバリ) / Habari za〜(ハバリ ザ〜):「調子はどうですか?」

Habari zaの後に単語を持ってきます。

◾︎おはようございます:Habari za asubuhi(ハバリ ザ アスブヒ)

asubuhi (アスブヒ)は「朝」です。

◾︎こんにちは:Habari za mchana(ハバリ ザ ムチャーナ)

mchana(ムチャーナ)は「午後」です。

◾︎こんばんわ:Habari za jioni(ハバリ ザ ジオニ)

jioni(ジオニ)は「夕方」です。

◾︎こんにちは:Habari za leo(ハバリ ザ レオ)※どんな時間でも使えます!

 leo(レオ)は「今日」です。

単語がよくわからないときは、Habari だけでも大丈夫です♪

Nzuri / 挨拶の返事

上記の挨拶は、全て最後に「調子はどう?」と尋ねられていることをイメージしてください!

そのときの返答は、Nzuri(ヌズーリ)「良い」と返します!

とーっても気分が良いときは、Nzuri sana(ヌズーリ サーナ)と言います。

逆に、あんまり気分が良くないときは、Nzuri kidogo(ヌズーリ キドゴ)

kidogo(キドゴ)は「ちょっと」と言う意味です。

Bei gani?/ いくらですか?

ケニアでお買い物をするとき、Bei gani?(ベイガーニ?)と言うと、「いくらですか?」と値段を聞くことができます!

特定の物の値段を聞きたいときは、Hii ni bei gani?(ヒーニベイガーニ?)と尋ねると、「これはいくらですか?」の意味になります。

ケニアのマーケットでも活用できること間違いなしです!shoppingを楽しみましょう♪

Youtubeチャンネル【河野組】も要チェック!

実は、代表と代表の旦那さん、RAHA KENYAモデルの緑さんでYoutubeをやっているんです。

【河野組】では、ケニアの人々と触れ合ったり、ローカルフードを紹介したり、ドッキリをしたり、内容が盛りだくさんで、ほんとーーーーに面白いんです!!

動画の中では、スワヒリ語の挨拶が使われていたり、ケニアでの生活が見れるので、興味のある方はぜひ覗いてみてください!

Youtubeチャンネル【河野組】はこちら

笑顔を引き出す最強の言葉《Cheka》

代表はよく職人さんと写真を撮るのですが、なぜかみんな真顔に….。

「笑顔が欲しいんじゃー!」ということで試行錯誤をした結果、

Cheka(チェカー):スワヒリ語で「笑う」という意味

と言うと、最高の笑顔をしてくれるということを発見!

現地の言葉って、良いですよね♪

****

いかがでしたでしょうか!

ケニアの母国語【スワヒリ語】。素敵だなと感じていただけたら、嬉しいです。

もし東アフリカの旅行に行く機会があれば、今回紹介したフレーズをぜひ活用してみてください!