和+アフリカ!?《和フリカ柄》が誕生☆

和+アフリカ!?《和フリカ柄》が誕生☆

突然ですが、RAHA KENYA初【アーティストとコラボ】します!

日本にいるからこそ、できることに挑戦しました。

コラボしたオリジナルプリントがついに完成したので、ご紹介させて下さい♪

初コラボのお相手は、アーティストのMizukiさんです!

現在、世界の深刻な状況によってケニアでの製作が無期限休止となり、RAHA KENYAスタッフ全員が日本に帰国しています。

日本にいる今だからこそ出来る事。普段のアフリカ柄商品とは違う《和とアフリカのコラボ》に挑戦したいと思い、今回のコラボが決定しました。

アーティストMizukiさんとは?

東京を拠点に個展の開催や壁画制作などの活動を行うアーティストさん。

社会から求められる人間像や理想美ではなく、現代の主体的な生き方にスポットライトを当てる作品を制作しています。

和とアフリカ布の融合《和フリカ柄》

Mizukiさんとコラボしたオリジナルプリントはこちらっ!

テーマは、和とアフリカ布を融合した「和フリカ柄」

「和フリカ柄」という名前自体の響きが素敵すぎる…!

和のテイストを残しつつ、アフリカ柄らしいカラフルさや派手さもあり、見事にマッチしていますよね!

実は全体の色は、ケニアの国旗をイメージしているんです。

色合いもデザインも新しくて、とーーっても可愛い♡!

オリジナルプリントに込められた意味

可愛いだけじゃない、

オリジナルプリントには、それぞれ意味が込められているんです!

キジ -日本の国鳥-

キジは飛べない鳥ですが、飛べない鳥が飛ぶことによって『チャレンジすること』を意味しています。

RAHA KENYAのコンセプト「身につけると、一歩踏み出したくなる」と掛け合わせて、こちらのキジが誕生しました。

ここでちょっとだけ裏話...!

キジのお腹がぽっこりしているように見えませんか?

実は代表への「妊娠のお祝い」の意味が込められているんです♪

細かいところまで、意味が込められていて、本当に素敵ですよね!

牡丹の花  -様々な色や咲き方 –

こちらの花の名前は牡丹。花言葉は、「風格」「富貴」「恥じらい」「人見知り」

堂々としつつも、その裏には恥ずかしさや自信のなさも存在します。

RAHA KENYAが誕生する前、代表は自分に自信が持てなかったという過去があり、『自信がない人への共感』を表現しています。

太陽  -HAPPYな気持ち-

RAHA KENYAのロゴにもある太陽。

「アフリカらしさ・明るい未来」を表しています!

RAHA KENYAのアイテムを身につけて、「HAPPY」になってほしい!という想いと繋がっているのです。

***

いかがでしたでしょうか?

RAHA KENYAオリジナルプリントの《和フリカ柄》にも魅力を感じていただけたら嬉しいです!

どんな商品が誕生するのか今から待ち遠しいですねっ!お楽しみにっ♪